返済中に廃車になったら

PR
三菱東京UFJ銀行 ネットDEマイカーローン申込

返済中の車を廃車にする場合

PR

 

ローンが残っている車を廃車にする際の注意点

残りのローンは一括清算するのが原則。

特例を受けてクレジット会社の承諾が下りれば廃車は可能。

一括返済が難しい場合は残債ローンの選択も。

 

廃車にするには所有権解除が必要

 

それではローン支払中の車が廃車になったらどうすればいいのか、
注意点を見ていきましょう。

 

まずは車検証の「所有者」が自分名義になっているかを確認してください。
販売店のオートローンや信販系のマイカーローンで車を購入した場合で
「所有者」がローン会社になっている場合は「所有権解除に関する承諾」
が必要となります。

 

ローン会社から「所有権解除に関する承諾」を得るためには、
残っているローンを全額清算する必要があります。

 

所有権解除を行う手順は、自動車の所有者であるローン会社やディーラーに連絡を取って、
必要書類(「譲渡証明書」「印鑑証明書」「委任状」など)を送ってもらいましょう。

 

書類を持って最寄りの陸運局で所有権解除を行った後に廃車手続きを行います。

 

 

 

特例を受けて廃車できる場合も

 

先程説明したように、残債を一括で清算出来れば問題ないのですが
それが出来ない場合は、ローン会社に連絡を入れましょう。

 

承諾判断の審査次第では、事故廃車に限って(転売、 譲渡は不可)は、
ローンの完済なしで所有権解除の承諾手続きが出来る「特例」の場合があります。

 

ただし、残債のローンは完済する必要がありますので、引き続きローンを返済することで
「特例」を適用して所有権解除をしてもらえるか、ローン会社に相談してみましょう。

 

 

 

残債ローンの選択も

 

「特例」が適用出来なかった場合は、残債を清算する方法を考えなくてはなりません。

 

店によっては乗れなくなった車のローン残債分を、他のオートローン等へ組み替える
「残債ローン」を取扱っている場合もありもありますので、自動車販売店に相談してみましょう。

 

また、自動車関連で色々な事業を展開している「フレックス株式会社」のNETLOANに
「残債ローン」がありますのでチェックしてみてください。
http://www.netloan.co.jp/

 

三つ目の方法としてはフリーローンを利用して、残債分ほ完済する方法も考えられます。
使い道を限定しないローンですので、金利が高めなのが難点ですが、
カードローンでは競争が激しいので、低金利のローンもいろいろとあります。

当サイトおススメのマイカーローンはこれ!

返済中に廃車になったら


低金利で人気のMr.自動車ローン
おススメの理由は!
@所定の条件を満たせば最大で−1.0%の金利が優遇!
A車・バイクの購入、車検、自動車ローンの借り換えもOK!
B車を選ぶ前の「仮審査申込」が可能!
C来店不要で「ネットと郵送」で申込みが完了!
D金額100万円までは、「年収証明」が不要!
E繰り上げ返済は1円から何度でも手数料が無料!

Mr.自動車ローンの詳細はこちら