残高設定ローンとは

PR
三菱東京UFJ銀行 ネットDEマイカーローン申込

残高設定ローンとは

PR

 

残高設定ローンの特徴

残高設定分だけローンの支払額が軽減できる。

3年もしくは5年後に車を返すことが基本。

買い取ることを考えている場合は通常のローンが得な場合も。

 

増えてきた残高設定ローン

 

最近「残高設定ローン」なるオートローンを目にする機会が増えてきました。
特に各自動車メーカー系のファイナンス会社では色々な商品を展開しています。
それではこの残高設定ローンの特徴を見てみましょう。

 

残高設定ローンはあらかじめ3〜5年後の「推定下取額」を設定しておき
「車両価格」から「推定下取額」を差し引いた金額でローンを組みます。

 

たとえば、「車両価格」が200万円の車が3年後の「推定下取額」を100万円とすると
200万-100万= 100万を3年間(36回)でローンを組む形になります。

 

月々の支払額が軽減できるので、通常のマイカーローンを組んだ場合の車よりも、
さらに高い車両価格の車に乗ることが可能になるわけです。

 

 

 

残価はどうなる?

 

それでは、上記の例で3年後に残った残価はどうなるのでしょうか?
3年後に車を返すのが基本ですが、以下の3つから選ぶ形となります。

 

1.新車に買い替える。
バブルの頃は車検を受けずに2年ごとに車を乗り換えるといった人も多かったようですが、
それに近いカーライフスタイルが実現します。
車を購入した会社(ローン会社)で新しい車に買い替えると、
今まで乗ってきた車の残りの残価を払う必要が無くなります。

 

2.今の車を買い取る。
現在の車が非常に気に入っているという人や、最初は乗れればいいと思って選んだ車が
乗っているうちに愛着が出てきたという人もいると思います。
この場合は最終回の支払いの時に、残価を一括払いするか
再度の分割払いを組み直すことで、乗ってきた車を買い取る選択もできます。

 

3.車を返す
仕事の都合で転勤したり、車を乗り始めた時は独身だったが
結婚して、子供が生まれたなど、生活の環境は刻々と変化するものです。
東京などの大都市の場合、車が無しでも不自由を感じない場合もあるでしょう。
この様な場合は、最終回の支払い時に車を返却することで、残価の支払いが不要になります。

 

 

 

残高設定ローンの注意点

 

月々の支払いが軽減出来て、自動車購入の新たな選択といえる
残高設定ローンですが、注意する点はなんでしょうか。

 

ディーラー系の残価設定ローンの場合、車種が限定されている場合も多く、
希望する車に設定が無い場合があります。

 

また、車を買った店舗でなければ買い替えや
返却を受け付けてくれない場合も多いですから、転勤の多い方なども要注意です。

 

その他にも、車に色々なパーツを取り付けていた場合に、原状に戻さないといけなかったり、
走行距離が設定より大きく超過したであるとか、
事故のために、設定された残価との差額を支払わなければならないこともあるようです。

 

 

 

総支払額をチェックする

 

最初から自分で買い取ることを考えている場合、
通常のマイカーローンの方が支払総金額で得する場合もあります。

 

車の人気不人気、3年又は5年後の車両状況により、
正確な最終総支払額の比較は難しいとは思いますが、
購入をするお店で両方の返済計画書を作ってもらい、よく比較検討することが重要です。

当サイトおススメのマイカーローンはこれ!

残高設定ローンとは


低金利で人気のMr.自動車ローン
おススメの理由は!
@所定の条件を満たせば最大で−1.0%の金利が優遇!
A車・バイクの購入、車検、自動車ローンの借り換えもOK!
B車を選ぶ前の「仮審査申込」が可能!
C来店不要で「ネットと郵送」で申込みが完了!
D金額100万円までは、「年収証明」が不要!
E繰り上げ返済は1円から何度でも手数料が無料!

Mr.自動車ローンの詳細はこちら