マイカーローンの金利を比較

PR
三菱東京UFJ銀行 ネットDEマイカーローン申込

マイカーローンの金利を比較

PR

 

各社の金利を比較するポイント

団体会員なら労金はかなりお得。

JAも金利は安いが条件が多く保証料が高め。

各商品の金利優遇サービスは必ずチェック。

主要マイカーローン金利一覧

 

会社区分 会社名 商品名 金利 保証料・手数料
ディーラー トヨタ東京カローラ トヨタクレジット 7.8% 不要
銀行 みずほ銀行 みずほ銀行新車ローン 4.7% 不要
JA JAにしたま マイカーローン軽減金利 1.9% (注1) 1.2% (注2)
信金 西京信用金庫 あいのる 3% (注3) 0.95% (注4)
労金 中央労働金庫 カーライフローン 1.7〜2.2% (注5) 0.7〜1.2% (注6)
損保 損保ジャパンクレジット 新車ローン 2.7% 不要
ノンバンク 日立キャピタル マイカーローン 2〜2.8% (注7) 不要
ノンバンク アプラス オートプラン(新車) 7.2〜14.4% 不要
ノンバンク ジャックス パーソナルオートローン 3.9% 不要
ノンバンク セディナ マイカーローン 6.4%〜8.4% 不要
ノンバンク オリックス VIPローンカード 3.5〜14.8% 不要

注1) 軽減金利(1.9%)の適応には以下の何れか一つ条件を満たすことが必要です。
     @給与振込または年金受取を当JAされている。
     A公共料金自動引落しを当JAで2種類以上契約さえている。
     B融資対象自動車に対し、当JAで自賠責共済または自動車共済を契約できる。
    ※借入対象自動車に自動車共済加入(新規・既契約)で上記金利よりさらに年0.3%金利引下げます。
注2) 年1.2%。融資時に一括前払い方式。 例)200万円5年借り入れの場合の保証料は59,827円です。
注3) 購入するお車等により、通常金利より最大年1.0%金利を引き下げいたします。
注4) 年0.95%。融資時に一括前払い方式。200万円5年借り入れの場合の保証料は44,800円です。
注5) 団体会員、生協会員は1.7%、会員以外は2.2%になります。
注6) 団体会員の場合0.7%、生協会員、会員以外は1.2%の別途保証料がかかります。(貸出金利に上乗せ)
注7) 最低金利2%を適応するには下取りサービス、「シタドリ君」の利用が必要です。

 

 

東京近郊に在住の場合で新車購入の場合を比較

 

それでは実際に車を購入する場合を想定して、
各社のローン金利(マイカーローン)比較してみましょう。

 

固定金利と変動金利の商品では、申込み時の金利が変動金利の方が通常低いので、
固定金利のローン(マイカーローン)に統一して比較することにします。

 

東京近郊在住で、トヨタカローラの販売店でカローラ(新車)を購入する場合として
ディーラーのローンはトヨタ東京カローラの公表金利を参考にします。

 

都市銀行の商品からは、唯一固定金利の商品がある、みずほ銀行を、
JAは固定金利を扱う「JAにしたま」を選びました。
(JAにしたまの利用は、羽村市・福生市・瑞穂町在住者に限る)

 

信金からは、西京信用金庫を、労金からは中央労働金庫を選択。

 

損保から唯一損保ジャパンクレジットを、ノンバンク系からは
ユーザーが直接申し込むタイプから日立キャピタル、アプラス、ジャックス、セディナのマイカローンを選択。

 

最後にフリーローンとして、カードローンの有名なオリックスのVIPカードローンで比較します。

労金の金利について

労金の最低金利が一番低い?

 

労金のマイカーローンは金利表示が1.7〜2.2%と最低金利で借りることが出来れば
非常に魅力的な低金利商品です。

 

しかし、ここには落とし穴があり1.7%で借り入れ出来るのは、団体会員又は生協会員に限られます。
さらに別途「保証料」が0.7〜1.2%で貸出金利に上乗せされます。

 

最低金利で借りるには、団体会員のみに限られ、この場合で
貸出金利+保証料=1.7+0.7=2.4%になります。

 

このケースで比較すると日立キャピタルは一般の会社員でも申込みが出来て
2.4%の保証料込、下取りサービスを利用すれば最低金利が2%からと労金より低金利になります。

JAの金利について

JAも表示金利は低いが

 

金利の低さに注目すると、JAの金利の低さも魅力です。
しかしこの1.9%の金利で借りるためには

 

 1.組合員(准組合員)であること。
 2.注1)のずれかの条件を満たすこと。
の条件が付きます。(通常の基準金利は5.925%)

 

更に、上記の条件プラス、借り入れ対象車の自動車共に済加入すると
なんと0.3%の金利優遇で1.6%の超低金利になります。

 

これだけを見ると会社員でも、准組合員になるために出資(1万円)をして
購入する車の自動車共済に加入すると、格安で借りられることになるのですが
ここにも大きな落とし穴があります。JAも「保証料」が必要なのです。
しかも年率に換算すると1.2%の金額を契約時に支払わなくてはなりません。

 

貸出金利+保証料の実質金利で計算すると
最低金利の場合でも 1.6+1.2=2.8% になります。

 

固定金利としては割安ですが、「日立のマイカーローン」や損保ジャパンの「新車ローン」と
比べると実質金利は割高になります。

信金と銀行の金利について

信金と銀行は金利優遇次第でお得に

 

銀行と信金のマイカーローンも低金利と言われますが、日立キャピタルと比べれば割高です。
みずほが4.7%の保証料込。
西京信用金庫が3%で別途保証料が0.95%ですので、他の信販系に比べれば低金利です。

 

しかし、みずほも、西京信金も住宅ローンやエコカーなどの条件次第では、
それぞれ1%の金利優遇が受けられますので、適応金利で借り入れ可能なら選択するのもいいでしょう。

 

日立キャピタルを含め、信販系は所有者が信販会社になりますので、
それが嫌な人には有効な借入先になると言えます。

 

尚、銀行、信金、労金、JAについては、店舗ごとに営業区域が決まっていますので、
申込み可能な店舗であるかを確認することが必要です。

ディーラーとノンバンク系の金利について

ディーラーとノンバンク系は金利が高め

 

最後にやはりディーラーと信販系は金利が高いという結果になりました。
日立キャピタルとジャヤックスの「パーソナルオートローン」以外は軒並み7%前後の金利になります。

 

保証料が不要とはいえ、割高の印象は否めません。
その中でやはり日立キャピタルの低金利は光ります。
ジャックスも3.9%と銀行と比べても十分低金利の商品と言えるでしょう。

 

日立キャピタルとジャックス以外は、このふたつのマーカーローンと
他の銀行系のマイカーローンが借りれない時以外は、選択から外して良さそうです。

フリーローンの金利について

フリーローンも条件次第では割安

 

マイカーローンではないですが、フリーローンとして低金利の先駆けともいえる
オリックスの「VIPローンカード」を見ておきます。

 

カードローンの分類になりますので、使いみちに制限が無いのが特徴で、
借入限度額内であれば、いつでも借り入れが可能となります。

 

フリーローンの場合、金利が高めになるのが普通ですが、
オリックスの場合3.5%からと低金利になっています。

 

しかし、総量規制の対象となり、年収の3分の一までの借入しかできません。
車の購入資金として多額の借り入れを低金利で行うには、かなりの年収が必要です。

当サイトおススメのマイカーローンはこれ!

マイカーローンの金利を比較


低金利で人気のMr.自動車ローン
おススメの理由は!
@所定の条件を満たせば最大で−1.0%の金利が優遇!
A車・バイクの購入、車検、自動車ローンの借り換えもOK!
B車を選ぶ前の「仮審査申込」が可能!
C来店不要で「ネットと郵送」で申込みが完了!
D金額100万円までは、「年収証明」が不要!
E繰り上げ返済は1円から何度でも手数料が無料!

Mr.自動車ローンの詳細はこちら