固定金利と変動金利

PR
三菱東京UFJ銀行 ネットDEマイカーローン申込

固定金利と変動金利

PR

 

固定金利と変動金利のポイント

同じ商品でも固定金利と変動金利が選べる場合がある。

固定金利は支払金額が変わらず返済計画が立てやすい。

同じ商品の場合、変動金利の方が固定金利より金利が低い。

固定金利の特徴

 

固定金利のマイカーローンはディーラー(信販会社)が多く取り扱っているマイカーローンですが、
銀行でも取り扱っている所もあります。

 

メリットといたしましては、契約時の金利が支払終了時まで適応されますので、
月々の支払に変更が無く返済計画が立てやすいことです。

 

また、現在のような低金利の時に契約しておくと、
金利上昇時の金利負担のリスクをヘッジすることが可能となります。

 

デメリットといたしましては、銀行系で金利タイプを選べる同じ商品の場合、
変動金利に対して金利が高く設定されていることです。

 

当然、金利情勢が「引き下げ」の場合ですと、高い金利のまま返済を続けることになり、
変動金利より支払総金額で不利になる場合もあります。

 

 

 

変動金利の特徴

 

変動金利のマイカーローンは銀行や労金などで多く取り扱っているマイカーローンです。
特徴は、年に2回の金利の見直しを実施している金融機関が多いことです。

 

メリットといたしましては、同じ商品で金利タイプが選べる場合は
固定金利よりも金利が低く設定されていることです。

 

また、近い将来の金利低下が予想される場合に契約しておくと、
金利が下がった時に、月々の支払いの金額を減らせる可能性もあります。

 

デメリットといたしましては、最終の支払時に利率の変更で、
未払利息や元金の一部が残存する場合に一括して支払を求められる
場合があります。

 

当然ながら低金利の時に契約していて、金利が上昇した際には
月々の返済が増えるリスクもあります。

 

 

 

どちらを選ぶか迷った時は

 

私がマイカーローンを組むのなら、「出来るだけ低金利で固定金利」の
商品を選びます。

 

しかしながら、同じ商品で「固定金利」と「変動金利」を選べる場合に
どちらを選択すればよいかを考えてみましょう。

 

ポイントは「金利の見通し」と「借入金額」、「支払回数」になります。
借り入れ金額が多くて支払回数が多い場合は
固定金利を選んだ方が良いと言えるでしょう。

 

現在は異常ともいえる低金利ですし、
5年を超えるローンの場合は金利見直しの回数も多く、
その場合の金利は上がっている可能性の方が高いと言えます。

 

逆に、借入金額が少なく支払期間が3年以下の場合でしたら
変動金利を選ぶメリットも考えられます。

 

金融機関にもよりますが、同一商品で金利タイプが選べる場合、
変動金利の方が固定金利よりも1%ほど金利が低いからです。

 

借入金額と支払回数が少なければ、たとえ金利が上昇したとしても
月々の支払金額の上昇は軽微で済みます。

 

いずれの場合にしろ、ローンを組む際には
何種類かのパターンを考慮した返済計画書を作成してもらい
納得した上で金利タイプを決定することが重要です。

 

 

 

当サイトおススメのマイカーローンはこれ!

固定金利と変動金利


低金利で人気のMr.自動車ローン
おススメの理由は!
@所定の条件を満たせば最大で−1.0%の金利が優遇!
A車・バイクの購入、車検、自動車ローンの借り換えもOK!
B車を選ぶ前の「仮審査申込」が可能!
C来店不要で「ネットと郵送」で申込みが完了!
D金額100万円までは、「年収証明」が不要!
E繰り上げ返済は1円から何度でも手数料が無料!

Mr.自動車ローンの詳細はこちら