実際は審査をしてみないとわからない

PR
三菱東京UFJ銀行 ネットDEマイカーローン申込

審査にかけてみないとわからない

PR

 

基準はあくまで目安

基準を超える場合の融資も。

事情が変われば基準も変わる。

 

基準がすべてではない

 

「マイカーローンの審査基準」において、ローンの審査について書きましたが、
実際の融資の実行例を見てみると、必ず「基準が全てではない。」ことがわかります。

 

「融資OKの例」でご紹介したAさんとBさんのケースですと、
マイカーローンの借り入れできる金額は「年収の50%まで」となっているはずなのですが、
「年収の50%以上」の金額で審査を通過しているのです。

 

申込み者とディーラーや、審査を依頼した金融機関とのこれまでの取引実績や、
ディーラー、金融機関側の都合によっても変わってくるのでしょう。

 

 

 

事情が変われば基準も変わる

 

「事情が変われば基準も変わる」とは、購入者側の事情の場合と
販売者(ローン会社)側の場合があります。

 

前者の場合ですと、私の勤め先は大きな企業ではありませんが社員が住宅ローンや自動車のローンで
「労金」を会社を通して申し込むと、「有利だな」と感じることがあります。

 

勤続年数や年収で審査が厳しいときに、
社長が自ら労金の方に「融資してもらえるように」お願いしてくれる事があるそうです。
「鶴の一声」とでも言いましょうか、これは効果が絶大です。

 

また、販売店側の事情ですと、販売不振や、決算時期などの「どうしても車を売りたい。」時でしたら、
ディーラー系ファイナンのマイカーローンでしたら、
販売店からローン会社に便宜を図ってもらえることもあります。

 

これらを踏まえて、自分自身の「環境」や購入する「タイミング」をうまく利用することで、
「審査基準」を多少外れていても、マイカーローンが組める場合があるのです。

当サイトおススメのマイカーローンはこれ!

実際のところは


低金利で人気のMr.自動車ローン
おススメの理由は!
@所定の条件を満たせば最大で−1.0%の金利が優遇!
A車・バイクの購入、車検、自動車ローンの借り換えもOK!
B車を選ぶ前の「仮審査申込」が可能!
C来店不要で「ネットと郵送」で申込みが完了!
D金額100万円までは、「年収証明」が不要!
E繰り上げ返済は1円から何度でも手数料が無料!

Mr.自動車ローンの詳細はこちら