審査を有利にするために

PR
三菱東京UFJ銀行 ネットDEマイカーローン申込

適正な融資額で申し込む

PR

 

審査を有利にするためのポイント@

今の自分に相応しい価格の車を選ぶ。

余裕のある融資額で申し込む。

 

審査を有利にするには

限度額ギリギリで申し込まない

 

審査を有利にする第一歩は自分の身の懐にあった車を選ぶこと、
年収に対して無理のない返済が出来る金額で申し込むことです。

 

「いくらまで借りられる?」のカテゴリーでも書きましたが、
車は「乗る」、「乗らない」に関係なく、非常に固定費がかかります。

 

年収250万円の人が、頭金無しに300万も350万もする車を買うこと自体無理があると思いませんか?
融資する金融機関も当然そう考えます。

 

独身の方で、実家に厄介になっている場合、例えば手取りで14万あったとします。
その際、マイカーローンに半分の7万円を支払いに充てたとしても、
生活に不自由しないという方もいるでしょう。

 

しかし、金融機関はそんなことは考慮しません。

 

限度額ギリギリで申し込むのではなく、
借入額を年収の30%以内、年間返済額を年収の25%以内ぐらいに
余裕を持った金額で申し込むのが良いでしょう。

頭金を用意する

審査を有利にするためのポイントA

頭金を用意すれば断然有利。

少しの間、購入を我慢するのが賢明な場合も。

 

頭金があれば審査に有利

 

マイカーローンの審査の際に、頭金を用意できるか出来ないかで、
審査する側の評価は随分と違ってきます。

 

私の勤め先が車検を扱ていた事もあり、出入りのローン会社の担当に聞いた話ですが
頭金を30%以上入れると評価がかなり上がるそうです。

 

30%が無理だとしても、たとえ10万円入れただけでも
頭金無しでは融資できない案件が融資できることもあるそうです。

 

これらを踏まえて、通常の生活に支障が出ない範囲で、出来ることなら
頭金を用意することをお勧めします。

 

 

 

頭金を貯めてからという選択も

 

もし、車が欲しいと思っても、急いで取得する必要が無いなら、
頭金を貯めるという選択もあります。

 

あらかじめ、「毎月払えるローンの金額」を半年なり、1年積み立ててみるのです。
この金額とは別にその他の維持費のことも考えて、
最低月1万円は余裕を持った金額を積み立てましょう。

 

積み立ての間に「この支払金額で生活するのに問題がないか」を検証するのです。
1年間我慢すれば、20〜30万位は貯まるはずです。

 

さらに時間的余裕があるのであれば、頭金をメインバンクで積み立てをすることをお勧めします。
同行でマイカーローンを組む際に、「この顧客は、お金に対して計画性がある。」
と評価してくれるはずです。

借り入れを整理する

審査を有利にするためのポイントB

完済できる借り入れは完済する。

使わないクレジットカードは解約する。

 

完済できる借り入れは、早期に完済

 

審査を有利にする方法の三つ目はキャッシングをしている場合は、
出来るだけ早く完済することです。

 

何度も申し上げますが、審査において「キャッシングは厳しく見られる」という現実があります。

 

借り入れ件数、利用の頻度が少なければ、前もって一括返済をすることにより
「この申込者はお金に困っている」と思われないようにする訳です。

 

自動車販売店のローンであれば、よほどのことが無ければ、これで審査に通るはずです。

 

 

 

クレジットカードも整理する

 

みなさんはクレジットカードは何枚お持ちですか?

 

知り合いに頼まれてお付き合いで、
銀行で何かのサービスを受けるための条件に、
など、意外と普段は使っていないカードがあるものです。

 

通常クレジットカードを利用する方は、メインのカードを決めているはずですよね。
マイルやポイントを貯めている方ならなおさらです。

 

「審査基準」の「借り入れ状況」のところで説明したように、
クレジットカードのキャッシング枠も借り入れとみなされてしまう場合があります。

 

1枚のカードのキッシング枠が10万、20万と少額であっても、
3枚4枚と合計すると50万や100万にはすぐなります。

 

使っていない、メインのカード以外は解約する。
またはクレジット機能だけ残して、キャッシング枠だけ消してもらうだけでも審査にはプラスに働きます。

保証人を立てる

審査を有利にするためのポイントC

保証人を求められる場合がある。

22歳以下の人は親に保証人になってもらう。

 

保証人を付ければOKの場合も

 

マイカーローンに申し込んだ際に、保証人を求められる場合があります。
保証人を引き受けてくれる方がいるのであれば、お願いしてみましょう。

 

くれぐれも、毎月の支払いを遅れないようにして、
保証人になっていただいた方に迷惑をかけないようにしてください。

 

保証人になってくれる人がいない場合、年収が問題なのであれば、頭金を入れたり
車のグレードを落とすなどして、借り入れをする金額を引き下げると審査が下りる場合もあります。

 

 

 

22歳以下の人は親に保証人になってもらう

 

22歳以下の場合ですと、年齢、年収、勤続年数の関係で審査に引っかかることが考えられます。
このケースの場合は、親に保証人になてもらうのが一番です。

 

親が駄目でも申込者のご兄弟で、自分よりも年齢、年収、勤続年数が高い方でしたら、
保証人として受け付けてくれると思いますので、申し込むローン会社に確認することをお勧めします。

 

 

当サイトおススメのマイカーローンはこれ!

審査を有利にするには


低金利で人気のMr.自動車ローン
おススメの理由は!
@所定の条件を満たせば最大で−1.0%の金利が優遇!
A車・バイクの購入、車検、自動車ローンの借り換えもOK!
B車を選ぶ前の「仮審査申込」が可能!
C来店不要で「ネットと郵送」で申込みが完了!
D金額100万円までは、「年収証明」が不要!
E繰り上げ返済は1円から何度でも手数料が無料!

Mr.自動車ローンの詳細はこちら