審査でやってはいけないこと

PR
三菱東京UFJ銀行 ネットDEマイカーローン申込

審査でやってはいけないこととは

PR

 

審査でやってはいけないポイント

申し込みの際に記入する情報は正確に。

借入金額を少なく書いても無駄。

勤務先にも本人宛に申込み確認の電話入る。

 

審査でやってはいけないこと

記入する借り入れなどの情報は正確に

 

それでは、マイカーローンを申し込むに当たり、
審査の際にやってはいけない注意点はなんでしょうか。

 

まず申込み書の記載事項は、本当の情報を記載してください。

 

「本当の情報を記入するのは当たり前でしょう。」と思うのが普通ですが、
実際と違う情報を記載して、審査に落ちてしまうケースがあるのです。

 

たとえば、借り入れの残高を実際よりも少なく記入したケース。

 

マイカーローンを申し込むに当たり、借入金額が多いため審査を有利にしようと考え、
実際の借り入れ金額を50万円少なく記入した。

 

この様な場合、普通の金融機関の借入残高は、「信用情報」を確認すれば、
支払状況や残高は調べることができます。

 

このような場合「この申込者は虚偽の申告をしている。」と思われ、
審査に落ちてしまうことになるのです。

 

 

 

勤め先にも本人宛に電話が入る

 

記載する情報欄に「勤務先」と「勤続年数」を書く欄がありますが、
申込みの最終審査の前に、ローン会社から申込者が本当に、
その会社に在籍しているかを確かめるために電話がかかってきます。

 

ローン会社からは通常自社の会社名は名乗らず、担当者の個人名でかけてきます。

 

現在無職で、勤めていると偽ったり、退職した以前の会社名を記入したとしても、
この確認電話で「在籍していない事実」がわかった時点でアウトです。

 

また、転職前にマイカーローンを組む時も注意が必要です。

 

転職先の方が給料高く、それを見越してマイカーローンを組む場合でも、
転職をして直ぐですと勤続年数で組めない可能性があります。

 

これらを想定して今在籍している「やめる予定の会社」でマイカーローンを申し込む場合
ローンの契約が実行されてから、退社をした方が賢明でしょう。

 

「在籍確認」の電話があった際、「申込者はすでに退社していた。」
ということにならないためです。

 

短期間の複数申込みには要注意

短期間の複数申込みには要注意。

同時に複数のローン会社に申込むのを金融機関は嫌かる。

6ヶ月以内に3件以上の申し込みは審査が厳しい。

 

短期間に複数の申込みに注意

 

1件ぐらいマイカーローンの審査に落ちてしまっても、次の金融機関に申し込めばいいと
簡単に考えるのも要注意です。

 

金融機関側としては、同時に複数の貸出先に申込みをするのを嫌います。
特に1社、2社と審査に通らなかった事を、3社目は「信用情報機関」を通して、
その事実を知ることが出来ます。

 

この場合3社目の審査担当者は「この申込者にはなにか問題がある。」と考えるのは当然で、
融資に慎重になることは予想できますよね。

 

よく言われるのが「6ヶ月以内に3件以上ローンの申し込みをすると、審査が厳しくなる。」です。
連続して申し込むのは2社まで、3社目を申し込む時は、6ヵ月は期間を開ける方が良いでしょう。

 

 

 

当サイトおススメのマイカーローンはこれ!

審査でやってはいけないこと


低金利で人気のMr.自動車ローン
おススメの理由は!
@所定の条件を満たせば最大で−1.0%の金利が優遇!
A車・バイクの購入、車検、自動車ローンの借り換えもOK!
B車を選ぶ前の「仮審査申込」が可能!
C来店不要で「ネットと郵送」で申込みが完了!
D金額100万円までは、「年収証明」が不要!
E繰り上げ返済は1円から何度でも手数料が無料!

Mr.自動車ローンの詳細はこちら