ブラックでも借りられる?

PR
三菱東京UFJ銀行 ネットDEマイカーローン申込

ブラックリストってどんなリスト?

PR

 

ブラックリストとは

ブラックだと通常マイカーローンは審査が通らない。

「ブラックリスト」とは信用情報機関に登録された事故情報。

貸付先の損失、過剰貸し付けを防ぐのが本来の目的。

 

ブラックでも借りられる?

そもそもブラックリストってどんなリスト?

 

ブラックでもマイカーローンを借りられるか?
通常であれば、まず借りることはできません。

 

マイカーローンに限らず、クレジットカードの申込みや、
ショッピングローンが通らなかった時の決まり文句が
「ブラックに載ってるんじゃないの。」の一言です。

 

誰でもよく耳にしたり、はたまた自分自身がよく使っている言葉でありながら、
「ブラックリストてなに?」と聞かれたら、正しく答えれる人は銀行や
その他金融機関以外の方では少ないのではないでしょうか。

 

そもそも「ブラックリスト」なるものはこの世に存在しません。

 

金融会社からお金を借りたりクレジットを組んだ後に
「契約不履行」や「長期延滞」や「法的整理」
などをして、いわゆる事故として扱わたものが、各金融機関の加盟している
信用情報機関に「事故」として登録をされている情報のことをいいます。

 

本来の目的は、悪質な債務者を排除して貸付先の損失を防いだり、
過剰貸し付けによる多重債務者をつくらないために利用するためのもので
債務不履行者に対して、制裁や罰則が目的のものではないのです。

何をすればブラックになる

ブラックになる基準

「長期の延滞」、「任意整理」、「調停」、「個人民事再生」、「自己破産」が原因。

過払い金請求をしても、「契約不履行」として登録されるこがあった。

3ヶ月以上の支払延滞が登録対象。

 

何をすればブラックになる

 

それでは、なにすれば事故情報として登録されるのでしょうか。

 

一般的には、「長期の延滞」、弁護士の介入による「任意整理」
「調停」、「個人民事再生」、そして「自己破産」です。

 

これらの事例は、明らかに「ブラック」とわかる事例であり
まず、マイカーローンの審査に通らないのは、ご理解いただけるでしょう。

 

なお、利息制限法を超えた分に対して過払い金請求をした場合でも
「契約不履行」として登録されることがありましたが日本信用情報機構は、
「2010年4月19日より、過払い請求をしてもブラックリストに載せない」と発表しました。

 

過払い金請求がブラックリストに載らなくなったといっても請求を受けた金融機関は
「契約不履行の顧客」としてみますから、
そのグループの金融機関からの融資は断られると考えられます。

 

 

 

どれくらい支払に遅れればブラックになる

 

それでは、どのくらい支払に遅れれば、「ブラックリスト」に登録されるか見てみましょう。

 

「ブラックリスト」=事故情報として登録されるのは、3ヶ月以上の長期延滞があった場合です。
この「3ヵ月」というのは、1ヵ月の遅れが3回あった場合の3ヵ月ではなく、
1回の支払期日の遅れが3ヵ月以上の場合を指します。

 

1回当たりの支払の遅れが3ヵ月未満なら事故情報に登録されないからと安心してはいけません。
事故情報としては登録されなくても、遅れたことの事実は記録として残りますので、
回数が多くなると審査に不利になります。

若年層でブラック予備軍が増殖中?

スマホが原因でブラックに

月々の携帯代金の支払が遅れるとブラックになる。

端末を分割で購入した代金の支払いの遅れが原因。

スマホの分割払いの審査も厳しくなった。

スマホ代金くらいが命取りに

 

最近になって、気になるニュースを目にしたのでご紹介します。

 

ここ二、三年で急速に普及したスマートフォンが原因で
若年層のブラックリスト化が深刻なのだそうです。

 

理由はこうです。最近のスマートフォンは高性能化とともに、
価格も一括購入の場合パソコンが購入できてしまうくらい高価になってしまいました。

 

そこで登場したのが、ソフトバンクが始めた「割賦販売」で、
購入者は端末購入代金を分割で払う事になるので、一度に大きな出費にならないメリットがあり、
販売する携帯キャリア側は、2年間の契約縛りを条件に月々の使用料金を割り引くことで、
顧客の流出(移動)を食い止めることができるという、言わばWinWInの関係を築く事が出来たのです。

 

ところがここに落とし穴があり、自動車など他の分割払い契約と異なり、
携帯電話は、10代、20代の若年層が分割払いを利用しており、
少しくらいの遅延は大丈夫との甘い考えが多いのではないかと言われています。

 

また、ネットの書き込みなどをチェックすると、
「最近、スマホの分割払いの審査が厳しくなった。」という書き込みが実際に増えました。

 

以下、私の見たサイトの記事の転載です。

 

「携帯電話端末の分割払いは、他の商品と違い、利用料が端末代と相殺されるほど割り引かれるため、
分割払い契約を結んでいるという意識が希薄。安易に滞納するケースも少なくない」と業界関係者は指摘する。
未成年の場合、親が実際の支払者となっていることも多く、
「親が滞納し、子どもが知らぬ間にブラックリスト入りするケースもある」(同じ関係者)。

 

転載ここまで。

 

若い方は特に、これからの将来にスマートフォン(携帯)の少ない金額での支払延滞が原因で、
「事故登録」されてしまい、マイカーローンや住宅ローンを組む際に
審査に通ら無いということのにならないように十文に注意してください。

自分はブラックか知る方法

自分はブラックか知る方法を紹介

 

それでは、マイカーローンの審査を通す前に自分が「ブラック」にのっているかどうかを
知る方法があるかどうかですか、ズバリ方法があります。

 

「信用情報機関」は、
銀行系は「全国銀行個人信用情報センター」
信販系と消費者金融系は「日本信用情報機構」(JICC)
流通系は「CIC 」

というようにそれぞれの業界ごとに、機関も設けています。

 

自分の使用しているカード会社の「信用情報機関」に「開示請求」すれば自分の「信用情報」を
確認することが出来るのです。

 

請求方法は直接機関に出向く方法と、郵送でのやり取りでもOKです。
気を付けたいのが、「開示請求」すると、その記録が残ってしまうことです。

 

マイカーローンで審査をする側からすれば、「開示請求」をしているということは、
「この申込者は自分の信用情報に、なにか不安な点がある。」と思われる可能性があるからです。

 

自分の「信用情報」に自信のある方は、ローンの組む前に「開示請求」はしない方がよいでしょう。
全国銀行個人信用情報センターの場合ですと1年間登録されます。

 

以下にそれぞれの「信用情報機関」の情報を記載します。

全国銀行個人信用情報センター 
〒100-8216 東京都千代田区丸ノ内 1-3-1 
フリーダイヤル 0120-122-878

 

株式会社日本信用情報機構(JICC)
〒101−0046 東京都千代田区神田多町2丁目1番地 神田進興ビル
電話 03-5294-7000

 

株式会社シー・アイ・シー
〒160-0022 東京都新宿区新宿 5-15-5新宿三光町ビル
フリーダイヤル 0120-810-414

当サイトおススメのマイカーローンはこれ!

ブラックでも借りられる?


低金利で人気のMr.自動車ローン
おススメの理由は!
@所定の条件を満たせば最大で−1.0%の金利が優遇!
A車・バイクの購入、車検、自動車ローンの借り換えもOK!
B車を選ぶ前の「仮審査申込」が可能!
C来店不要で「ネットと郵送」で申込みが完了!
D金額100万円までは、「年収証明」が不要!
E繰り上げ返済は1円から何度でも手数料が無料!

Mr.自動車ローンの詳細はこちら